いちから始めるホームページ作成

HTML・CSSのことがよくわかる初心者から始めるホームページ制作

divタグの入れ子を使いこなそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「divタグの入れ子」という言葉を初めて聞いた方は、どんなものかピンと来ないかもしれないですが、divタグの中にdivタグを入れることを言い、主にレイアウトをする際やIE(インターネットエクスプローラー)バグに対応するために使い、現在のホームページ作成では必須と言えるテクニックです。

divタグの入れ子の使用例

例えば、2カラム(メインコンテンツと横にメニューがあるようなサイトのこと。このサイトも2カラムでレイアウトしています)のレイアウトにする場合、まず全体の幅を決めるdivタグを記述し、その中にメインコンテンツとメニューのdivタグを記述するといった形です。

<div><!-- 全体の幅を決めるdivタグ開始 -->
<div></div><!-- メインコンテンツ -->
<div></div><!-- メニュー -->
</div><!-- 全体の幅を決めるdivタグ終了 -->

ホームページを作っていたら、必ず入れ子は必要になってきますが、divタグを使い過ぎるのは、あまり美しいHTMLソースとは言えませんので、入れ子を使う際は数を必要最低限にしましょう。

おすすめのホームページ作成ソフト

コーディングをする際に、ホームページ作成ソフトを使うと非常に便利です。

現在有名なのは、『ホームページビルダー』と『Dreamweaver』の2つです。

ホームページビルダー
初心者~中級者の方向けで、HTMLタグやCSSが全くわからない方におすすめです。
Dreamweaver
中級者~上級者・プロ向けで、HTMLタグやCSSをある程度理解していたり、自分で調べられる方におすすめです。

『Dreamweaver』は高価ですが、スキルが上がっても使えるため、長い目で見れば、こちらをおすすめします。

また、学生や教職員の方向けに割引されたものがありますので、該当する方なら迷わず学生・教職員向けのものをおすすめします。


HTMLタグ
CSS
一口メモ
サンプルソース
用語集


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/haluri/sinoffice.com/public_html/homepage/wp-includes/script-loader.php on line 2781